鬼首(おにこうべ)は宮城県大崎市鳴子温泉郷の奥にある美しい大自然の中の温泉郷です。

宮城県の奥、秋田県・岩手県・山形県とも近い秘境のような、静かな心落ち着く、心洗われる、鬼首へようこそ。



ホテルオニコウベ 野外プール オープン

7/14(土)~8/26(日)

お待たせいたしました。ホテルオニコウベの野外プールがオープン致します。

山と緑に囲まれたホテルオニコウベのプールは、まさに夏のリゾートです。

宿泊のお客様はもちろん、日帰り入浴とセットでのご利用もOKです。

 期間 2018年7月14日(土)~8月26日(日)

 時間 10時~16時

 日帰りでの料金 大人 1,200円 子供 700円 温泉入浴含む

8月4日から19日までは、ランチ+プールプランも登場します。

宿泊でも日帰りでもランチとセットでもお好みのスタイルでお越しくださいませ。

お問合せ、宿泊ご予約は公式HPよりどうぞ。


あつまれ!鳴子ダム 7/28(土)

荒雄湖畔公園にて親子で楽しむ「あつまれ!鳴子ダム」が開催されます。恒例のダム探検ツアーや木登り体験、水力発電工作や親子木 工教室、チャレンジ!スナッグゴルフ、イワナのつかみ取り大会 が行われます。

各コースとも親子ペアで定員20名(抽選)です。

公式HPをご覧の上、申込フォームよりお申し込みくださいませ。

 受付  7月11日(水)~17日(火)

 問合  鳴子ダム管理所

     0229-82-2341

 主催  鳴子ダム「森と湖に親しむ旬間」行事実行委員会



夏休みキッズサマーキャンプ・

アウトドア体験 7/31(火)~8/2(木)

山に登って、川で遊んで、BBQして、星空観察して、ブルーベリー摘み取りして、カブトムシと触れ合って、夏のキャンプの定番満載、オニコウベスキー&スノーボードスクール恒例の人気キャンプです。


カムロ農園 ブルーベリー摘み取り体験

7月10日(火)~8月中旬

カムロ農園のブルーベリー摘み取り体験がオープンします。

たわわに実った新鮮なブルーベリーは鬼首の夏の味覚そのものです。

摘み取り体験のほか、お土産用の販売、発送もできます。

旬のブルーベリーをご堪能下さいませ。

 

 日時 7月10日(火)~8月中旬

 時間 9時~4時30分

 料金 大人 500円

    小人 250円

 問合 0229-86-2207



三菱スターキャンプin吹上高原2018

三菱自動車主催 9/1~9/2

吹上高原キャンプ場にて、三菱自動車主催の全面貸切イベント「三菱スターキャンプin吹上高原2018」が開催されます。

三菱自動車試乗、アウトドア体験、ワークショップ、カフェ、などキャンプイベントならではの企画満載のイベントです。

アウトドアと自動車が好きな方ならどなたでも参加できます。

もちろん三菱自動車ユーザーでなくてもOKです。

公式ホームページをご覧の上、どうぞご参加くださいませ。



COCサマーミーティング2018

コールマン主催 7/27~7/29

申込受付終了しました。

吹上高原キャンプ場にて、コールマン会員限定の全面貸切イベント「COCサマーミーティング2018」が開催されます。

アウトドア体験、ワークショップ、カフェ、ヨガなどキャンプイベントならではの企画満載の2泊3日のイベントです。

コールマン会員さまはもちろん、そうでない方もこの機会に入会してイベント参加してはいかがでしょうか。

コールマン公式ホームページをご覧の上、どうぞご参加くださいませ。



かぶとむしふれあいの森 オープン

7/14~7/16、7/21~8/16

オニコウベスキー場の夏の定番、かぶとむしを触れ合える「かぶとむしふれあいの森」が夏休み期間中開催されます。

「かぶとむし自然観察園」「世界の昆虫展示館」の2か所が開設、期間中はプレゼント抽選会も開催されます。



雄大な大自然

鬼首は荒雄岳を中心として反時計回りに荒雄川が流れるカルデラ的地形が独特の春・夏・秋・冬・全てが美しい温泉郷です。

春は山々の新緑と花、夏は大自然の中でアウトドア、秋は見渡す限りの紅葉、冬はスノースポーツ、1年を通して魅力が満載です。

天然温泉

100℃近い天然温泉が湧く鬼首には、温泉旅館、日帰り温泉、かんけつ泉、地獄谷、温泉の滝、地熱発電所など多彩な温泉の形があります。

大地から吹き出す温泉は迫力満点です。温泉パワーを全身で体感できるスポットが揃っています。

鬼首の由来

1200年ほどの昔、箟岳山(宮城県涌谷町)に大武丸という蝦夷がいました。坂上田村麻呂が大武丸を打首にしたところ首が飛びました。その首が落ちた地を鬼切辺(おにきりべ)と呼び、やがて鬼首になりました。

アイヌ語で「小さな川が集まって大きな川になる所」を意味する「オニカペツ」がやがて鬼首になりました。

など地名の由来は諸説あります。